MENU

女性でも痛風になる

女性でも痛風になる

 

昔から、痛風は男性の病気というイメージが根強く残っていますが、それは間違いです。
女性でも痛風になるので、気を付けてください。

 

ただし、男女で比較すると、圧倒的に男性に多く見られることに間違いはありません。とくに30代〜40代の男性に多いという報告があります。
女性はホルモンのエストロゲンの働きによって、尿酸の生成が抑制されたり、尿酸の排泄がスムーズに行われることによって痛風が起こりにくいとさえています。

 

といっても、

女性が100%痛風にならないわけではありません。

 

更年期になるとエストロゲンが減少するため発症率が上がると考えられますが、それでも男性に比べたら尿酸値は低めなので、それほど差はありません。

 

ところが、近年は若い女性に痛風の症状が見られるようになっています。男性は30代以上に多いと言いますが、問題になっているのが20代女性で痛風にかかるケースです。

 

女性でも痛風を引き起こすリスクが高くなり、また若い人に多いことについては、お酒の飲み過ぎや肥満の他に、「ストレス」や「ダイエット」の影響が考えられるそうです。

 

男性と同じく暴飲暴食は痛風のリスクを高めます。

 

そして近年は女性の社会進出があり、その分、男性と同レベルにストレスを感じることでリスクが上がっているとも考えられます。

 

とくに女性はムリなダイエットに取り組みがちで、それが災いの元になることも多いです。

 

極端に食事制限をすると栄養バランスが乱れ、それに比例するようにホルモンバランスも崩れていきます。

 

そうなると当然エストロゲンも減っていくので、男性と同じように尿酸が作られやすい、排泄しにくくなるリスクも生まれます。結果、女性でも痛風を起こすことにつながります。

 

また、薬治療などが影響する二次性の痛風を起こすこともあります。降圧剤など、内服薬の副作用としてあらわれることもあるので主治医に相談しましょう。

 

もしも、手足の指の付け根に痛みや違和感を感じたときには早めに診察を受けて調べるべきです。

 

「女だから痛風にならない」という間違った考えは捨てて、違和感をおぼえたら早めに行動してください。

尿酸値を下げるサプリ 尿酸値の対策・改善方法特集!最新記事一覧

痛風の激痛を和らげる方法
痛風持ちになると、発作的に身体に激痛がはしります。たとえば、布団をかけただけなのに痛みを感じるなど、ちょっとした動作で激しい痛みが生じます。もっとも、痛風の発作が起こりやすいのは、血圧との関係上、深夜...
痛風持ちに良くない食べ物
痛風持ちの方にとって良くない食べ物といったら、やはり『プリン体』を多く含む食べ物です。プリン体は細胞の中にある核酸の一種なので、私たち人間以外の動物にも含まれています。「アンキモ、牛焼肉レバー、牛ヒレ...
痛風の食生活改善のポイント
痛風持ちの方は、痛みの発作を防ぐためにも食生活を改善する必要があります。そもそも痛風になるのは、尿や便として排泄されるはずの尿酸が体内に滞っていることが根本的な原因になるため、その尿酸を排出して作りだ...
痛風を予防するための生活習慣
痛風は、尿酸値が高いときに起こる症状です。尿酸値が高い状態を「高尿酸血症」と言い、これによって痛風が起こると、発作的に激痛がはしります。それは、小さな動きなどで起こり、とくに深夜に発作が出やすいため、...
尿酸値を下げるための運動のポイント
尿酸値を下げるためには、適度な運動も生活習慣に必要です。運動と言っても、激しい運動ではなく簡単な運動でOK!たとえば、次のような運動法が適切です。もも上げ運動意識してウォーキングするような運動法で自宅...