MENU

尿酸値の上昇を防ぐお酒の飲み方

尿酸値の上昇を防ぐお酒の飲み方

 

尿酸値が気になる方でも、必ずしもお酒がNGというわけではありません。
もし、お医者さんに飲んでもOKと言われている場合は、お酒をたしなんでも構いません。しかし、飲み方を間違えると、尿酸値も上昇してしまうので注意しましょう。

 

まず、第一に空腹時の飲酒はNG

尿酸値の上昇を防ぐお酒の飲み方

すきっ腹にはお酒が効きます。空腹時に摂取したとき、アルコールによってプリン体が分解され尿酸が作りだされる一連の流れが促されてしまいます。

 

ピッチが早い飲み方はよくありません。

尿酸値の上昇を防ぐお酒の飲み方

一気にグイッと飲みたいところでも、ゆっくりと飲むようにしましょう。
ペースをゆっくりめに飲むことで、尿酸値の急激な上昇が抑えられます。

度数が強いお酒は水割りを飲むように

尿酸値の上昇を防ぐお酒の飲み方

ウィスキーなどはプリン体が少ないお酒ですがアルコール度数が高いので、水割りを飲むようにしてください。焼酎なども同じです。
割って飲んだ方が、甘草への負担も抑えられ、尿酸の合成を抑制できます。

飲酒後に水分補給することも大切

尿酸値の上昇を防ぐお酒の飲み方

お酒の間に水を飲むようにしたり、飲酒後に水分補給することも大切になります。

 

途中で水分補給を入れることによって尿酸排出を促すことができ、余計な尿酸値の上昇が抑えられます。飲酒後の水分補給も脱水症状対策になるなど、お酒の飲み方としてたいへん重要です。

お酒選びはプリン体が少ないものを選びましょう。

尿酸値の上昇を防ぐお酒の飲み方

ビールはプリン体が多いお酒ですが、最近はプリン体オフのものや低カロリー、カロリーオフ系が開発されています。
たとえば、キリンの淡麗プラチナダブルやフリーノンアルコール、濃い味糖質0、アサヒのオフやドライゼロ、サッポロの極ゼロやサントリーのオールフリーなどなど、大手のメーカーからプリン体を気にせず飲酒できるものが増えています。

 

アルコールオフ系でも味わい深いものが増えていますし、グラスを冷やすなど、工夫ひとつでも美味しくいただけます。
生が一番おいしいという論には反論できませんが、尿酸値が気になるときは見直すべきでしょう。

 

お酒はできたらやめたいものですが、お酒が好きな人は禁酒がストレスになり、かえって尿酸値の上昇の要因になることもあります。
そのように逆に影響が考えられるときには、上手くお酒と付き合うようにしましょう。

尿酸値を下げるサプリ 尿酸値の対策・改善方法特集!最新記事一覧

痛風の激痛を和らげる方法
痛風持ちになると、発作的に身体に激痛がはしります。たとえば、布団をかけただけなのに痛みを感じるなど、ちょっとした動作で激しい痛みが生じます。もっとも、痛風の発作が起こりやすいのは、血圧との関係上、深夜...
痛風持ちに良くない食べ物
痛風持ちの方にとって良くない食べ物といったら、やはり『プリン体』を多く含む食べ物です。プリン体は細胞の中にある核酸の一種なので、私たち人間以外の動物にも含まれています。「アンキモ、牛焼肉レバー、牛ヒレ...
痛風の食生活改善のポイント
痛風持ちの方は、痛みの発作を防ぐためにも食生活を改善する必要があります。そもそも痛風になるのは、尿や便として排泄されるはずの尿酸が体内に滞っていることが根本的な原因になるため、その尿酸を排出して作りだ...
痛風を予防するための生活習慣
痛風は、尿酸値が高いときに起こる症状です。尿酸値が高い状態を「高尿酸血症」と言い、これによって痛風が起こると、発作的に激痛がはしります。それは、小さな動きなどで起こり、とくに深夜に発作が出やすいため、...
尿酸値を下げるための運動のポイント
尿酸値を下げるためには、適度な運動も生活習慣に必要です。運動と言っても、激しい運動ではなく簡単な運動でOK!たとえば、次のような運動法が適切です。もも上げ運動意識してウォーキングするような運動法で自宅...