MENU

痛風の二大合併症

痛風の二大合併症

 

痛風は、尿酸値が高い状態の高尿酸血症からくる症状のひとつです。
同様に、高尿酸血症になると、他の病気を引き起こすリスクもうまれます。
二大合併症とされているのが

腎障害」と「尿路結石

です。
体内の尿酸は尿として排泄される仕組みになっているため、腎臓や尿路に関係してきます。

 

腎障害

 

尿酸が腎臓から血管に送られやすくなっていることが関係しています。
つまり、尿酸が結石になってしまうと、腎臓に傷をつけて、腎機能を低下させます。その結果として腎障害につながります。
場合によっては人工透析が必要になるほど危険な状態を招くことがあります。腎臓の症状が分かりにくいこともあって、いつの間にか進行していることも珍しくありません。

尿路結石

 

尿酸が排泄されるときに通る尿路に結晶が沈着することで起こります。
痛風持ちの方の多くが、尿酸が排泄できにくくなっているため、尿路結石も発症率が高くなります。

 

どちらにしても、少なからず症状はあらわれます。

 

あとえば、尿の濁りや血が混ざっているなど。

 

また、その他には発熱や背中、腹部の痛みなどがあらわれますが、どこか体調不良や風邪を間違えやすいところもあるので気付けずに進行してから発見することもあるようです。

 

定期的に検査を受けて現状を知っておくことがベストになります。

 

また、高尿酸血症になるのは主に生活習慣が関わっているので、その他の生活習慣病も併発していることがあります。

肥満、メタボリックシンドローム

高脂血症
糖尿病
高血圧

など。
何らかの合併症を引き起こしている人の方が割合的には多いです。もっとも、腎障害は命に関わるので危険性が高いですが、その他の病気も動脈硬化による脳梗塞や心筋梗塞のように、生命に関わってきます。

 

とくに食生活が乱れて、これらの病気を発症する方が多いようです。

 

日ごろの生活を見直し、食事内容や運動を見直してみましょう。

 

積極的にサプリメントを活用するなどして、普段から尿酸値に気を付けることにより、痛風をはじめ、高尿酸血症からくる症状を対策できます。

尿酸値を下げるサプリ 尿酸値の対策・改善方法特集!最新記事一覧

痛風の激痛を和らげる方法
痛風持ちになると、発作的に身体に激痛がはしります。たとえば、布団をかけただけなのに痛みを感じるなど、ちょっとした動作で激しい痛みが生じます。もっとも、痛風の発作が起こりやすいのは、血圧との関係上、深夜...
痛風持ちに良くない食べ物
痛風持ちの方にとって良くない食べ物といったら、やはり『プリン体』を多く含む食べ物です。プリン体は細胞の中にある核酸の一種なので、私たち人間以外の動物にも含まれています。「アンキモ、牛焼肉レバー、牛ヒレ...
痛風の食生活改善のポイント
痛風持ちの方は、痛みの発作を防ぐためにも食生活を改善する必要があります。そもそも痛風になるのは、尿や便として排泄されるはずの尿酸が体内に滞っていることが根本的な原因になるため、その尿酸を排出して作りだ...
痛風を予防するための生活習慣
痛風は、尿酸値が高いときに起こる症状です。尿酸値が高い状態を「高尿酸血症」と言い、これによって痛風が起こると、発作的に激痛がはしります。それは、小さな動きなどで起こり、とくに深夜に発作が出やすいため、...
尿酸値を下げるための運動のポイント
尿酸値を下げるためには、適度な運動も生活習慣に必要です。運動と言っても、激しい運動ではなく簡単な運動でOK!たとえば、次のような運動法が適切です。もも上げ運動意識してウォーキングするような運動法で自宅...