MENU

痛風の激痛を和らげる方法

痛風の激痛を和らげる方法

 

痛風持ちになると、発作的に身体に激痛がはしります。
たとえば、布団をかけただけなのに痛みを感じるなど、ちょっとした動作で激しい痛みが生じます。
もっとも、痛風の発作が起こりやすいのは、血圧との関係上、深夜帯に多いと言われています。そのため、痛みで眠りを妨げらえますし、時間が夜中なので病院に行けないので症状が落ち着くのを待つしかありません。

 

そこで、痛風の激痛を和らげる応急処置を行ってみてください。
自宅に居ながら、痛みを和らげる方法はいくつかあります。

 

むやにみ動かないことが大切になります。

痛風の激痛を和らげる方法

症状が出たときには無理に体を動かさずに、安静にしましょう。
このとき、患部の血流が良くなると、かえって痛みが増しやすくなるため、血流量を減らすために、患部を心臓より高い位置に持ってくるようにしましょう。適切な姿勢で安静にしていると症状が落ち着きやすくなります。

痛みを感じる患部を冷やすことでも症状が抑えられます。

痛風の激痛を和らげる方法

冷たいタオルや保冷剤をハンカチで包んだものなどを利用して患部を冷やすようにしてみてください。

 

 

尿酸値を下げるために水を飲んで水分補給

痛風の激痛を和らげる方法

効くわけではありませんが、痛風は尿酸値が高いときに起こるものなので、、十分に水分補給すると尿酸値が薄くなり、痛みが緩和されます。

 

「消炎鎮静剤」を服用

痛風の激痛を和らげる方法

痛風の発作がひどいときには、「消炎鎮静剤」を服用する方法もります。薬なので副作用のデメリットはありますが、応急処置としてはもっとも効果的です。

 

 

もしも痛風で診察を受け、薬を処方されている場合には、薬を正しく服用してください。
たとえば、「コルヒチン」という薬については事前に服用することで発作を抑える効果があります。ですので、発作が出てからではなく、出る前に飲むのが理想的です。

 

市販薬を利用する場合は、「フェイタス」や「バンテリン」などの塗り薬が効きます。これらは、『フェルビナク、インドメタシン』などの鎮痛消炎成分が配合されているので、すぐに痛みを抑えることができます。内服薬と違い、胃腸などへの負担も抑えられます。
また、ロキソニンや解熱剤(座薬)なども有効です。

尿酸値を下げるサプリ 尿酸値の対策・改善方法特集!最新記事一覧

痛風の激痛を和らげる方法
痛風持ちになると、発作的に身体に激痛がはしります。たとえば、布団をかけただけなのに痛みを感じるなど、ちょっとした動作で激しい痛みが生じます。もっとも、痛風の発作が起こりやすいのは、血圧との関係上、深夜...
痛風持ちに良くない食べ物
痛風持ちの方にとって良くない食べ物といったら、やはり『プリン体』を多く含む食べ物です。プリン体は細胞の中にある核酸の一種なので、私たち人間以外の動物にも含まれています。「アンキモ、牛焼肉レバー、牛ヒレ...
痛風の食生活改善のポイント
痛風持ちの方は、痛みの発作を防ぐためにも食生活を改善する必要があります。そもそも痛風になるのは、尿や便として排泄されるはずの尿酸が体内に滞っていることが根本的な原因になるため、その尿酸を排出して作りだ...
痛風を予防するための生活習慣
痛風は、尿酸値が高いときに起こる症状です。尿酸値が高い状態を「高尿酸血症」と言い、これによって痛風が起こると、発作的に激痛がはしります。それは、小さな動きなどで起こり、とくに深夜に発作が出やすいため、...
尿酸値を下げるための運動のポイント
尿酸値を下げるためには、適度な運動も生活習慣に必要です。運動と言っても、激しい運動ではなく簡単な運動でOK!たとえば、次のような運動法が適切です。もも上げ運動意識してウォーキングするような運動法で自宅...