MENU

痛風の食生活改善のポイント

痛風の食生活改善のポイント

 

痛風持ちの方は、痛みの発作を防ぐためにも食生活を改善する必要があります。
そもそも痛風になるのは、尿や便として排泄されるはずの尿酸が体内に滞っていることが根本的な原因になるため、その尿酸を排出して作りださない目的で食生活を改善しなければなりません。

 

もっとも、痛風を起こす原因とされるのが『プリン体』です。
プリン体の摂取を制限することが、痛風の食生活改善の一番のポイントになります。
ビールに多く含まれていて、その他にも牛皮れステーキやヒラメの切り身など、さまざまな食べ物に含まれているので、まずはプリン体を多く含む食べ物を知り、意識的に食生活では摂取を控えることが大切です。

 

また、プリン体は外部から摂取するより体内で合成される量の方が多いと言われています。
体内で生成される仕組みとしては、食べ過ぎたときに高カロリーを消費するために「ATP」が使われることが関係しています。したがって、総摂取カロリーを見直すことも痛風の際の食生活の改善で大切になります。
1日の摂取カロリーでは、成人で1,800kcal〜2,200kcalが目安となっていますが、具体的には消費カロリー、また身長などによっても変わります。
身長においては、

「身長(m)×身長(m)×22」

の計算式で、目安の摂取カロリーが算出されます。

 

他には、

尿酸を体内に留めないように外に排出してくれる食べ物

がおすすめです。
ひとつは、尿をアルカリ化する食べ物です。たとえば、「ひじき、わかめ、こんぶ、ゴボウ、にんじん、バナナ」など。

 

腸の機能が低下しているときも尿酸が滞りやすくなるため、

食物繊維の多い野菜「バナナ、リンゴ、納豆、じゃがいも、さつまいも」や、乳酸菌を含むヨーグルト

などを取り入れてみてくあさい。

 

それから、体内に溜まった尿酸は、

抗酸化物質のアントシアニンによって分解される

と言われています。
アントシアニンはブルーベリーなどに多く含まれていますが、毎日食べ続けることが難しい食品なので、サプリメントを利用した方が効率よく成分を補えます。

尿酸値を下げるサプリ 尿酸値の対策・改善方法特集!最新記事一覧

痛風の激痛を和らげる方法
痛風持ちになると、発作的に身体に激痛がはしります。たとえば、布団をかけただけなのに痛みを感じるなど、ちょっとした動作で激しい痛みが生じます。もっとも、痛風の発作が起こりやすいのは、血圧との関係上、深夜...
痛風持ちに良くない食べ物
痛風持ちの方にとって良くない食べ物といったら、やはり『プリン体』を多く含む食べ物です。プリン体は細胞の中にある核酸の一種なので、私たち人間以外の動物にも含まれています。「アンキモ、牛焼肉レバー、牛ヒレ...
痛風の食生活改善のポイント
痛風持ちの方は、痛みの発作を防ぐためにも食生活を改善する必要があります。そもそも痛風になるのは、尿や便として排泄されるはずの尿酸が体内に滞っていることが根本的な原因になるため、その尿酸を排出して作りだ...
痛風を予防するための生活習慣
痛風は、尿酸値が高いときに起こる症状です。尿酸値が高い状態を「高尿酸血症」と言い、これによって痛風が起こると、発作的に激痛がはしります。それは、小さな動きなどで起こり、とくに深夜に発作が出やすいため、...
尿酸値を下げるための運動のポイント
尿酸値を下げるためには、適度な運動も生活習慣に必要です。運動と言っても、激しい運動ではなく簡単な運動でOK!たとえば、次のような運動法が適切です。もも上げ運動意識してウォーキングするような運動法で自宅...