MENU

痛風を予防するための生活習慣

痛風を予防するための生活習慣

痛風は、尿酸値が高いときに起こる症状です。
尿酸値が高い状態を「高尿酸血症」と言い、これによって痛風が起こると、発作的に激痛がはしります。それは、小さな動きなどで起こり、とくに深夜に発作が出やすいため、睡眠を妨げるなどの妨害も起こります。
また、そのままの状態では、腎機能障害や多発性嚢胞腎を起こす恐れもあるため、予防することが理想的です。
痛風の予防自体が、腎機能障害などの症状対策になります。

 

痛風の対策と言っても、特別なことではありません。
いつもの生活習慣を見直し、改善するだけでも違います。

 

食生活

痛風

痛風を招く、尿酸値を高める代表は『プリン体』です。
白子、モツ、肉類、魚類、干物、乾物類、豆類などにプリン体が含まれています。それから、ビールに含まれることでも有名です。
また、プリン体は体内でも合成されます。その合成を促すのが、高カロリーの食生活です。一食のカロリーが高いに限らず、1日の総摂取カロリーが高いほど危険です。
簡単に言うと、肥満になるような食生活がNGです。総摂取カロリーと食事の内容を見直しましょう。
プリン体の他にカリウムやリンなども控え、逆にアルカリ性に傾く食材を取り入れましょう。たとえば、海藻類やバナナがおすすめの食べ物です。
食べ物ではありませんが、尿酸値を下げるためには水分補給も大切になるので、水を飲むようにしましょう。

運動

痛風

食生活の改善と共に、運動習慣も生活に取り入れましょう。
運動法では、有酸素運動が効果的です。適度に運動をすると肥満対策にもなります。
尿酸の蓄積を防ぐことができるため、痛風予防になります。
ただし、激しい運動はかえってプリン体が作られやすくなってしまうので注意してください。
ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動を取り入れることがポイントになりますが、脈拍数が120を超えない程度が理想的です。

この他に、睡眠を十分にとったり、お酒を控えるストレスを発散するなどの工夫も必要です。

排泄機能を高めて痛風を予防!

 

尿酸は尿や便として排出されるため、排泄機能を赤めることも、痛風予防になります。
腎臓や腸から排出されるので、それぞれの臓器の機能を高めることがポイントです。

 

  1. 腎臓機能を高めるためには暴飲暴食はしないこと早食いや間食もNGです。それから、野菜や果物を多くおりいれて、油や砂糖の多い食事は控えましょう。
  2. 腸機能を高めるためには朝食を抜くような食生活はNG1日2リットルを目安に水分補給して、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖などを取り入れて腸の働きを良くしましょう。

尿酸値を下げるサプリ 尿酸値の対策・改善方法特集!最新記事一覧

痛風の激痛を和らげる方法
痛風持ちになると、発作的に身体に激痛がはしります。たとえば、布団をかけただけなのに痛みを感じるなど、ちょっとした動作で激しい痛みが生じます。もっとも、痛風の発作が起こりやすいのは、血圧との関係上、深夜...
痛風持ちに良くない食べ物
痛風持ちの方にとって良くない食べ物といったら、やはり『プリン体』を多く含む食べ物です。プリン体は細胞の中にある核酸の一種なので、私たち人間以外の動物にも含まれています。「アンキモ、牛焼肉レバー、牛ヒレ...
痛風の食生活改善のポイント
痛風持ちの方は、痛みの発作を防ぐためにも食生活を改善する必要があります。そもそも痛風になるのは、尿や便として排泄されるはずの尿酸が体内に滞っていることが根本的な原因になるため、その尿酸を排出して作りだ...
痛風を予防するための生活習慣
痛風は、尿酸値が高いときに起こる症状です。尿酸値が高い状態を「高尿酸血症」と言い、これによって痛風が起こると、発作的に激痛がはしります。それは、小さな動きなどで起こり、とくに深夜に発作が出やすいため、...
尿酸値を下げるための運動のポイント
尿酸値を下げるためには、適度な運動も生活習慣に必要です。運動と言っても、激しい運動ではなく簡単な運動でOK!たとえば、次のような運動法が適切です。もも上げ運動意識してウォーキングするような運動法で自宅...